BLOG

【復活路線バリアフリー調査の旅①】あき亀山駅に行ってきました。

2017/03/16

 日本で初めて「廃線→復活」した、可部線のあき亀山駅に、鉄道男子(もうおじさんやな)と、行ってきました。

 ホームは両サイドにあり、狭めです。視覚障害の当事者からは、「ホームから落下の可能性がないことはない」と感想を述べていました。車いすも通りやすいとは言えない広さでした。

 改札も狭めながら、困らず通れるほどのスペースはあります。ちなみに改札に向かうまでの道のりは、スロープ状になっています。

 ホームを出ると、広い送迎場があります。車いす等優先スペースももちろんありました。ここで写真に夢中になり、段差につまづきました(笑)

 トイレは広々としており、使いやすそうです。SOSボタンが地面近くにあるのも好印象です。

 ちゃんとした緊急時マニュアルも準備されていました。

 新しい駅は違いますね!