BLOG

畑俊彦独演会『これまでの人生、すべて語ります』

2017/06/10

 6月10日に畑俊彦独演会『これまでの人生、すべて語ります』が開催されました。笑いあり、涙はナシのおもしろエピソードがもりだくさん!今回は広テレの街かど伝言板に出演して宣伝をしたためか、はたまた畑さんの人脈の力か、一般の方の参加が多く、会場がいっぱいになりました。
   さて、独演会の内容ですが、生まれてから現在までの畑さんの歴史を皆さんにお伝えしました。小さい頃からポジティブで、友達に自分が言ったとおりに車いすを押してもらえるので王様気分だったこと。親の顔色を伺いながら介護をしてもらっていたことで、自分の思うような人生が送れないと思ったこと。「障害者甲子園」に参加しそこで出会った女性の尻を追っかけて自立生活を始めたこと。博多ー東京間の主要な駅を回ってバリアフリーを訴える旅、そのゴール地点で綺麗な女性ディレクターにインタビューをされ、調子乗ったことをちらっと言ったらそれが放送されたこと…などなど、笑いが絶えない独演会になりました。どの話も密度の濃いもので、事務局スタッフも聞いたことないような興味深いものばかり。特に、「障害者甲子園」の当時の畑さんが映ったビデオが上映され、16歳の畑さんが映った瞬間、会場がどよめきました(笑)
   また、質疑応答ではこれまでにないほどの数の質問をいただき、時間の都合上すべてには答えきれませんでした。独演会の題名は『これまでの人生、すべて語ります』でしたが2時間じゃ到底語りきれず、叩けばまだまだ出てきそうなくらい話題が豊富な畑さん。果たしてすべて語れる日は来るのでしょうか?